片付けイメージ

片づけの敵?味方?100円ショップ

片づけをする時、100円ショップであれやこれや、収納グッズやプラスチックケースを買ってきたりしませんか?今の100円ショップにはものすごい数の商品があって、また痒い所に手が届くような収納グッズがたくさんありますよね。で、まずは何故か引き出しの中の仕切りとか、衣類を小さくする圧縮袋なんかをたくさん買ってしまうわけです。実際に家でやってみると、サイズがあわなかったり、圧縮できるからと、捨ててもいいような服を圧縮してしまったりして、うまく片づけが進まないことが多々あります。それどころか、もしかして使っていない100円グッズが山の様にあってかえって不用品になっているのではないでしょうか?100円ショップは値段が安いがゆえについつい、迷ったら買ってしまえ!となりがちです。本当は必要ではないけど、とりあえず買っておけばいつか役に立ちそう。などという片づけには最もいけない動機で簡単に2000円分とか買ってしまいます。『値札を見ずに買う』という贅沢ができる唯一の店です。一種のストレス解消なのかもしれませんが、100円ショップが片づけの敵のひとつであることは疑いの余地がありません。100円だからいつでも捨てられると、買う時は思いますが、そもそも100円ショップで買い物をする人間が、100円とはいえ新品のものを簡単に捨てることなんて出来るでしょうか?そして『安物買いの場所失い』ということになるのです。